スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清浄歓喜団

本日のお菓子は亀屋清永の清浄歓喜団です
KC3O0080.jpg

はるか昔遣唐使によって伝えられた、唐菓子の一種で数ある京菓子の中で、千年の歴史を昔の姿そのままに、今なお保存されているものです。

白檀・桂皮・竜脳など米粉と小麦粉の生地で餡を包み、巾着袋(きんちゃくぶくろ)の形にして、
上質の胡麻油で揚げたもの

餡には、ハッカや丁字(ちょうじ)・肉桂(にっき)など仏教で「清め」の意味を持つ七種の香が練り込まれる

当時の餡は、栗や柿・杏などの木の実を、甘草・かんぞう・あまづらなどの薬草で味付けされていた。江戸時代中期以降に、小豆餡が用いられるようになった

形は、金袋に似せられていて8つの結びは、八葉の蓮華を表されている

はい!上記はテストに出るからね~よく覚えて置くように
※本当に京都検定に出ます。


KC3O0081.jpg

自分も京都検定の勉強をしていた時に知ったお菓子で一度てべてみたいと思っていたのですが、これ↑2つで1150円もするんですよ?
たっか~
でもまあ、後学のためと思い思い切って買いました。
味は………、う~ん自分で確かめてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。