スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前記事にしていた水仙ですが
結構咲き誇ってきたので、とうとうお店で使うこととなり朝自分の手できりました。

今まで手塩にかけて育ててきた水仙を切る時結構な罪悪感を感じました。

以前から店に飾る花は花やで買うか河原で摘んでいたのですが、その時はたいして感じていなかったけれどやはり自分で育てた花は愛着がわくものですね。

そしてなんとなく最後に花を切る摘む抜くと言う行為に罪悪感を感じたのは何時ごろだっただろうか?
と考えました。

ここからボクの恥ずかしい話になるので、それこそ呼んでていたたまれないようになるので読まなくていいです、
と言うか読まんといて~(じゃあ書くなよ
つづきを読むのですか?そうですか

最後に花を切るという行為に罪悪感を感じたのは多分小学1年生のころ、大体どこでもやる朝顔観察で夏の間ずっと水をやって育てていた朝顔を最後は根の観察と言うことで、引っこ抜いて切り刻んでの授業があった。

大体2~3ヶ月少々日々の成長記録もつけながら育てていた朝顔を引っこ抜いて切るなんて、その当時のボクには考えられない行為で、その授業中はずっと泣きながら
「ごめんね朝顔さん・・・・・・ごめんね」
って言いながら作業をしていたなぁ、

まあ、その後クラスの同級生にはからかわれて、それが落ち着いたころに↑をたまたま見ていた校長が、朝の朝礼の時の話で言われて(生命の大切さ何チャラとか言う)またからかわれた苦い記憶です

はぁブログのネタのために自虐に走るなんてとうとう僕もMに目覚めたかww

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。